カテゴリ:給食室から
2月10日~14日の給食

 2月10日の給食

 山型食パン

 チョコクリーム

 牛乳

 チリコンカン

 イタリアンサラダ

 今日はチリコンカンのお話です。チリコンカンはアメリカの料理で、テキサス州の料理に指定されています。名前はスペイン語で「肉入り唐辛子」という意味です。ひき肉と玉ねぎを炒め、トマトやチリパウダー、いんげん豆を加えて煮込んで作ります。クラッカーやチーズを加える作り方もあります。昔、肉が手に入りにくかった時代にトマトや豆で量を増やしたのが始まりだそうです。給食では豚肉を使いますが、牛肉や鶏肉、七面鳥の肉を使うこともあるそうです。また、ピリッと辛い唐辛子ではなく、シナモンの香りをつけることもあります。

 

 2月12日の給食

 ごはん

 牛乳

 ポーク焼売

 ナムル

 えびと豆腐のチリソース煮

 日本でも家庭でよく作られる「エビのチリソース煮」。中華料理の代表的なもののように思われていますが、実はこれは本場中国には無い料理です。中国の四川省では、えびとねぎや生姜などの薬味を豆板醤などで炒めた料理があります。これはとても辛く、日本人には食べられないものでした。その料理を昭和40年代に中国四川省出身の料理人の陳建民さんが、日本人向けにケチャップなどで味付けをし、辛さを抑えたものを作りました。現在では「エビチリ」とも呼ばれ、家庭でも食べられる中華料理の定番のようになっています。給食では、たんぱく質の豊富な豆腐を入れ、辛さも控えめにしました。

 

 2月13日の給食

 ねぎまうどん

 牛乳

 五平餅

 根菜のさっぱり炒め

 五平餅は長野県南部や岐阜県、富山県、愛知県など中部地方の山間部で古くから伝わる郷土料理です。携帯食として、秋の豊作の感謝を込めて、家族そろった時など作られます。
ごはんを軽くつぶして細長い板にして手で握りつけてしゃもじ状にしたり、平たい団子状にして2,3個串に刺したりします。これを火にかざしてあぶり焼き、くるみ、ごま、山椒などにみそやしょうゆ砂糖をなどを混ぜたたれを作り、塗ってまた焼きます。餅の形がたわら型やだんご型などがあるように、たれも地域や家庭によって秘伝があり、微妙に違うそうです。名前の由来もいくつもあり、形が神主が使う御幣に似ているから、五兵衛という人が作ったからなどいろいろありますが昔から食べ継がれていたものにはかわりありません。今日はその五平餅を給食風にアレンジしました。串刺しごはんのかわりにだまこ餅を使い、タレはごぼう、ごまにみそ、しょうゆ、砂糖で練り合わせました。給食秘伝のタレのお味はいかがですか?

 

 2月14日の給食

 パエリア

 牛乳

 ハートのコロッケ

 パスタスープ

 チョコプリン

  パエリアはスペイン東部のバレンシア地方発祥の代表的な米料理です。フライパンに、オリーブオイルを入れ、魚介類や肉、野菜などの具を炒めて、そこに米、水、サフランという植物を乾燥させた香辛料で色と香りをつけて炊き上げます。給食ではカレー粉の黄色の成分でもあるターメリックで色を付けてあります。「パエリア」とは両手に取っ手の付いたフライパンのことで、もともとはお祝いなど晴れやかな日に男の人たちが作り、外で食べられる料理です。食べる時もこのパエリア鍋ごと食卓に出し、直接食べるのが正式です。
今日はバレンタインデーなのでハートがいっぱいです。コロッケもハート型、そしてパスタスープの中にもハート型のにんじんが入っています。635人中40人に届いているはずです。さらに今日は特別にチョコプリンもついています。給食には調理員さんたちの愛情がたくさん入っています。みなさんからの調理員さんへの愛情の返し方はなんでしょうか?
 

公開日:2020年02月28日 15:00:00