9月の給食

← 給食室から に戻る

9月2日

牛乳
じゅうしい(沖縄の郷土料理)
たこナゲット(低1こ・高2こ)
ゴーヤーチャンプルー(沖縄の郷土料理)
なし(1/4)

給食初登場の「じゅうしい」は、沖縄の郷土料理で炊き込みご飯や雑炊などのごはんの料理のことをいいます。だしや具として豚肉や豚の脂を使うのが特徴です。

「梨」は秋の味覚を代表するくだものです。埼玉県は、なし作りの盛んなところのひとつで、収穫量は全国第7位です。鴻巣市も常光地区を中心に梨畑がたくさんあります。今日の給食の梨も鴻巣市産で「豊水」という種類です。皮が赤色っぽく、シャリシャリとした歯ざわりと名前が「豊かな水」と書くようにみずみずしさが特徴です。梨には、のどにうるおいを与え熱をさげたり、肉を食べた時の消化をたすける、便秘を防ぐ、疲れをとるといった働きがあります。「なし」という名前が「無い」につながり縁起が悪いので 梨は別名「有りの実」とも呼ばれます。
9月3日

牛乳
ごはん
マーボーなす
ひじきのり
ちゅうかスープ

なすは英語で「エッグプラント(卵植物)」、ドイツ語で「アイエル・アプフェル(卵型りんご)」といいます。日本では奈良時代に中国から伝わり、当時は「奈須比(なすび)」と呼ばれていました。

なすは夏から秋にかけて収穫されます。今の時期のなすは秋なすと言われ、夏にとれるなすに負けないくらいおいしいです。夏が旬の野菜には体を冷やす作用がありますが、その中でもなすは特に効果があり、暑さ負けしそうな時や体のほてりやのぼせがある時に食べると効果的といわれています。なすはほか野菜に比べてビタミン類があまり多くありません。しかし、ガンの予防や老化防止に効果がある紫色のポリフェノールが含まれています。世界には紫色だけでなく、緑色や赤色のなすがあります。
 
9月4日

牛乳
バターロールパン
イタリアンサラダ
いろどりやさいスープ


豚肉にはビタミンB1という栄養が鶏肉や牛肉の10倍含まれています。このビタミンB1には糖分をエネルギーに変えたり、疲れをとったり、イライラするのを防いだりする効果があります。また、にんにくやにら、たまねぎなどのツーンとする成分にはこのビタミンB1の吸収を高める働きがあります。今日はトマトソースに玉ねぎをたっぷり入れ、チーズでピザのようになっています。豚肉をしっかり食べて暑さに負けない体にしましょう。
 
9月7日

牛乳
ごはん
もやしとひきにくのあんかけどん
じゃことくるみのあめだき、わかめスープ


くるみは北半球の温かい地域が原産に広く分布しています。食用としての歴史も古く紀元前7000年前から食べられていました。日本でも縄文時代のものと一緒に出土しています。くるみは小さくてもたっぷりの栄養があり、昔は「貴族の美容食」と呼ばれたそうです。血管をきれいにするリノール酸という油、体をつくるもとになるたんぱく質、体の調子を整えるビタミン、他にもカルシウムやリンなどいろいろあり、はだをきれいにしたり、便秘を予防したり、咳を止めたりといろいろな働きがあります。
9月8日

牛乳
ホットちゅうかめん
やさいラーメン
カレーポテト、ミニトマト(2こ)


にんにくは5月~8月が旬で日本では主に青森県で栽培されています。独特の強いにおいがありますが、季節の変わり目で元気が出ないときや夏バテにはとてもよい食べ物です。中国では漢方薬にもなっています。日本でも、栄養ドリンクや健康食品にも使われています。そのままで食べることは少ないですが、給食では麻婆豆腐やラーメン、餃子などの中華料理やミネストローネ、カレーライスなどの西洋料理の中に使っています。今日は野菜ラーメンの中に細かく刻んで入っています。
 

9月9日

牛乳
ぶたにくとごぼうのたきこみごはん
さばのからみやき
ぐだくさんみそしる

 


これからの時期に獲れるサバは「秋サバ」といって脂がのって体が丸々と太っておいしくなります。「さば」です。さばは漢字で書くと、魚へんにある色がついた漢字を組み合わせます。では、その色は次のうちどれでしょう?

(1)赤(2)青(3)白

答えは(2)青です。さばは、サバ科の海の魚で、青緑色の背中に青黒い波のような模様があります。青く輝く魚体が、太陽を象徴する魚として信仰の対象にもなりました。さばの脂肪にはEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれ、動脈硬化、高血圧、発ガン、ボケになるのを防いでくれます。さらにDHAには頭がよくなる働きがあるといわれています.。とくに皮と身の間の脂に含まれています。

9月10日

牛乳
ごはん
チーズはんぺんフライ
ビーフンソテー、トマトスープ、こざかなアーモンド


「ビーフン」は、中国南部の福建省が発祥といわれています。中国語の漢字では「米粉(米の粉)」と書くように、うるち米(お米)を原料にして作った細い麺で、と台湾料理や中華料理などで、焼きそばや焼きビーフンのようにして、炒め料理などで食べられています。乾燥しているので長く保存できます。料理の仕方は、水やぬるま湯でもどすか、または少しゆでて柔らかくしてスープや炒め物などに使います。

9月11日

牛乳
たまごパン
きのこスパゲティ
くきわかめサラダ、プルーン



プルーンは2000年もの歴史がある果物です。そんな昔に、最初にプルーンを食べていたのは、西アジアのコーカサス地方の人たちです。その後フランスやアメリカに伝わり、今では世界中で食べられています。日本では、長野県で多く作られています。プルーンは、バラ科の木になる果物で、春に白い花を咲かせます。実がつくのは、夏ですので、今が旬の果物です。鉄分などミネラルが多いことから「ミラクルフルーツ」「驚異の果実」「奇跡の果実」「生命の実」ともよばれています。「プルーン」とは英語で「余分なものを取り除く」という意味があります。食物繊維も多いくだものなので、おなかの中の余分なものを出してきれいにしてくれるからついた名前なのでしょうね。

9月14日

牛乳
ごはん
すぶた
ちゅうかサラダ、れいとうみかん


冷凍みかんは、冬から春にかけて食べていたみかんを一年中食べられるようにと考えられ、小田原という駅のキオスクで売られたのが始まりです。おいしさの秘密は、特に甘いみかんを使うこと、みかんの周りに氷の膜をつくりパサパサにならないようにすることだそうです。最近では、皮がむいてありそのまま食べられる「むかん」という冷凍みかんもあるそうです。知っていますか?暑い時期にピッタリのデザートですね。
9月15日

牛乳

3年リクエスト給食やまがたしょくパン

いちごジャム、コロッケ、

ブロッコリーサラダ、ワンタンスープ



今日は3年生のリクエスト献立です。主食部門2位の食パン&いちごジャム、主菜部門1位のコロッケ、副菜部門3位のブロッコリーサラダ、汁物部門2位のワンタンスープを組み合わせました。
「ジャム」とは果実に砂糖を加えて煮詰めたもののことをいいます。「jam(ジャム)」という英語の語源は今は使われなくなった「グチャグチャかむ」という意味の「cham(チャム)」という古い方言だそうです。辞書でjamをひくと「押しつぶす」「詰め込む」と訳されています。ジャムの歴史は非常に古く、今から1万年~1万5千年前の旧石器時代後期に、人類がミツバチの巣から蜜をとっている風景がスペインの洞窟で発見され、その後果実を土器で煮た跡がみつかっています。人類の生活の知恵として果実を蜂蜜で煮たものと想像されます。ジャムは栄養も多く、消化のよい最古の保存食品であるといえるでしょう。

9月16日

牛乳
ごはん
カレー
フルーツしらたま



フルーツに入っている白い丸いものは白玉団子です。白玉粉はもち米を粉にして水にさらし、乾燥させたものです。そしてその白玉粉に水を加え、練って、耳たぶくらいの固さにして、ゆでたものが白玉団子です。あんこやきなこにからめて食べることもあります。今日はさっぱりとフルーツとあえました。表面はつるっとしていて、かむともちもちしています。のどにつまらせないようによくかんで食べるようにしましょう。問題です。白玉団子の働きは何でしょう。

(1)エネルギーのもとになるもの

(2)体を作るもとになるもの

(3)体の調子を整えるもの

正解は(1)エネルギーのもとになるものです。午後の勉強や運動のエネルギーをとるためにもしっかり食べてください。

9月17日

牛乳
じごなうどん
なめこおろしうどん
てんぷら(いか・かぼちゃ)、ふなきゅうり


きゅうりは夏を代表する野菜の一つで、今がおいしい時期です。漬け物にしたり、生でサラダやみそをつけて食べることが多い野菜ですが、水分が多く、歯触りがよいのが特徴です。夏野菜は他にもトマト、なす、かぼちゃ、ピーマンなどがありますが、これらは太陽の光をたくさん浴びて、ビタミンやミネラル、カロテンをたくわえています。そして、私たちの体の調子をととのえてくれたり、あつくなった体を冷ましてくれるはたらきもあります。夏野菜をたくさん食べて、夏バテしないように元気にすごしましょう。
9月18日

牛乳
コーンピラフ
さけのムニエル
ボイルキャベツ、オニオンスープ


「ムニエル」とはフランス語で「ムニエール(粉屋)」という意味で、もともとはフランス語の「ムーラン(粉をひく水車)」からきている言葉です。料理では、小麦粉をまぶして、バターで焼き上げる魚の調理法のことをいいます。魚の周囲に薄い膜ができるので、旨味が閉じ込められます。サケに限らず、ヒラメ、タイ、スズキなど白身の魚で作れます。簡単な料理なのでみなさんも家で作ってみてはいかがですか?パセリのみじん切りやレモンのスライスを添えてお皿にもれば、本格的なフランス料理!君もシェフになれるかも。
9月24日

牛乳
ごはん
さんまのかばやき
きりぼしだいこんサラダ、みそしる


蒲焼きと言ったらうなぎですが、そこは給食。残念ながらなかなかうなぎは出せません。蒲焼きという名前は、むかし、うなぎは口から尾にかけて串を打って丸焼きにしていました。その形が植物のガマの穂に似ていたので「ガマ焼き」がなまって「蒲焼き」と呼ばれるようになりました。
「さんま」は秋・刀・魚と書きます。この名前の由来は、旬が秋の魚で、形が刀のように鋭く、細長いのでこの名前がつきました。「さんまが出るとあんま引っ込む」ということわざがあります。これは脂のたっぷりのった秋のさんまは栄養があるので昔からスタミナ補給の食品として知られていました。「さんま」は筋肉や髪の毛を作るタンパク質や、血液を作る鉄分、体の粘膜を強くするビタミンA、また、骨や歯の健康に欠かせないカルシウムとその吸収を助けるビタミンDなど多く含まれています。さんまに特に多く含まれているDHAには記憶力がよくなる働きがあります。脳を刺激し、ぼけを防ぎ、頭がよくなるといわれています。成績アップを望む人は、よく噛んで食べればさらに効果があるでしょう。
9月25日

牛乳
はちみつパン
ポテトのチーズグラタン
キャベツスープ、つきみデザート


十五夜とは昔の暦の8月15日のことをいいます。昔の暦は月の満ち欠けで日付を決めていました。旧暦の秋は7月~9月のことをいい、真ん中の8月15日の名月を「中秋の名月」と呼びました。今年は9月27日が中秋の名月になります。十五夜はススキや団子を飾り、月を眺めながら、豊作を願ったり、収穫を祝ったりする行事です。新芋の茹でた里芋も飾ることから「芋名月」とも呼ばれています。そこで昨日の給食では里芋の入った汁が登場しました。お月見の時は各地でいろいろな行事が行われますが、いずれも作物がたくさんとれるようにという願いがこめられているものが多いようです。
9月28日

牛乳
ごはん
にくじゃが
こまつなのあえもの、さいのくになっとう


なっとうは大豆から作られていることは知っていますよね?日本で食べる大豆のほとんどは輸入ですが、「彩の国なっとう」の大豆は埼玉県で栽培された大豆を100パーセント使っています。おもに関東で多く栽培されている「タチナガハ」という種類で、お店で見かける納豆より粒が大きく、豆の味を味わえる納豆です。埼玉県の北部で栽培された大豆を桶川市の工場で納豆に加工し、みなさんの給食に届けられています。
納豆のネバネバに含まれる「ナットウキナーゼ」は血液をサラサラにしてくれます。血液がつまる病気は夜中に起こりやすいといわれています。ナットウキナーゼの効果は10時間まで。ですから最近では納豆を夜食べるといいといわれています。また、ねぎなどに含まれる「アリシン」と一緒に食べればサラサラ効果は倍増!そのほかに、ビタミンK2という納豆以外の食品にはほとんど含まれていない栄養はカルシウムの吸収を助ける働きがあります。
 

9月29日

牛乳
ツイストパン
わふうハンバーグ
ポトフ、ボイルブロッコリー



じゃがいもは南アメリカが原産で、16世紀にスペイン人が持ち帰ったとき、船の中でじゃがいもの芽が出てしまい。それを食べた船乗りがお腹をこわしたので「悪魔の植物」と呼んだそうです。じゃがいもの芽には毒があり、料理をするときは芽や緑色になったところを包丁で切ってしまえばお腹をこわすことはありません。
スペインに渡ったじゃがいもはヨーロッパの国々に広まり、ヨーロッパからアジアへと今では世界中の人が食べています。じゃがいもを主食としている国もたくさんあります。

問題です。じゃがいもは植物のどの部分を食べているでしょうか?

(1)根(2)茎(3)葉(4)実(5)花

答えは(2)茎です。

地下茎とよばれる土の中の茎がふくらんだところを食べています。

9月30日

牛乳
ごはん、ふりかけ
いかのかりんあげ(低2こ・高3こ)
はるさめサラダ、こまつなのみそしる



今日は、「いか」についてお話します。では、はじめにクイズを出します。イカの種類は、世界中には何種類あるでしょう?

(1)100種類

(2)300種類

(3)500種類

正解は(3)の500種類です。アカイカ、スルメイカ、ホタルイカ・・・などいろいろあります。ダイオウイカという とても大きなイカ水あげされたとニュースになったりもしました。イカは、魚に比べるとたんぱく質が少ないですが、低脂肪・低カロリーです。また生で食たり、スルメや塩辛などの加工品にしたりと昔から親しまれている食品です。

問題です。いかの足は何本でしょう?

(1)8本(2)10本(3)12本

正解は(2)10本です。

いかを食べると、よくかむことであごも鍛えられ、頭のはたらきもよくなりますよ。

 

← 給食室から に戻る

更新日:2015年10月14日 12:20:42