11月12日(木)の給食

・牛乳
・ごはん  
・ハヤシライス
・まめサラダ

 

 

ハヤシライスとは、薄切りにした牛肉と玉ねぎをバターで炒め、赤ワインとデミグラスソースで煮込んだものをごはんの上にかけた料理のことをいいます。(給食では牛肉ではなく豚肉を使っています。辛くないカレーとは言わないでね。)
では、なぜ「ハヤシライス」というのでしょうか?この名前の由来にはいくつかの説があります。ひとつめの説は、商社や書店で有名な「丸善」の初代社長であった早矢仕有的(はやしゆうてき)という人が考えたという説。ふたつめは、レストラン「上野精養軒」の林というコックが賄い食として考えたという説。もうひとつは、ハッシュドビーフウィズライス(Hashed beef with Rice 細かく刻んだ牛肉とごはん)がなまったものとの説があります。代表的な洋食のひとつですが、実は日本独特の料理です。

更新日:2015年11月26日 15:34:57