11月24日(火)の給食

・牛乳
・じごなうどん  
・ねぎまうどん
・くきわかめサラダ
・ふかしいも

 

 

今日は鴻巣市産のねぎをたっぷり使ったねぎまうどんです。味わって食べましょう。
一般にさつまいもというと「デンプン」というイメージが強いですが、意外にも、カルシウム、ビタミンB,C,Eにミネラル、食物繊維などたくさんの栄養が含まれています。特にビタミンCは豊富なうえ、調理をしてもこわれにくく、さつまいも1本(中くらい200g~300g)で、1日に必要なビタミンCがとれるほどです。つまり、さつまいもはごはんと野菜の性格をあわせもっています。足りないのはたんぱく質で、牛乳といっしょに食べれば理想的なおやつになります。また、食物繊維が多く、お腹の調子をよくしてくれます。さらに、さつまいもを切ったときに出るミルクのような液に含まれる「ヤラピン」という成分には、便通をよくする効果があります。おいもを食べたときの「胸やけ」や「げっぷ」を防ぐには・・・さつまいもを皮ごと食べることです。皮に含まれているミネラルが、ガスの発生を防いでくれます。今日のさつまいもは鴻巣市産のものを使用しています。

更新日:2015年11月26日 15:55:12