11月25日(水)の給食

・牛乳
・かてめし(埼玉県の郷土料理) 
・とりにくのおろしソースかけ
・はくさいのみそしる

 

 

かて飯は埼玉県秩父地方の郷土料理です。
今日は、「地場産の野菜」についてお話しをします。みなさんは「地場産の野菜」と聞いてどんな野菜を想像しますか。「地場産」とは地元で作られているという意味で、みなさんの地元と言えば鴻巣市や埼玉県をさします。さらにみなさんに覚えてほしい言葉は「地産地消」です。これは地元でとれ野菜を地元で消費しようということです。地場産の野菜の良いところは、新鮮なことです。収穫されてから、私たちの所に届く時間が短いからです。鴻巣市では、この時期白菜、ねぎ、小松菜、にんじん等が収穫されています。今日の給食でかて飯に使っているごぼう、おろしソースのだいこん、味噌汁の白菜に鴻巣市産のものを使っています。米は特別栽培米「こうのとり伝説米」を使用しています。

更新日:2015年11月26日 15:58:23