12月11日(金)の給食

・牛乳
・ちゃめし  
・ハタハタのいそべあげ(低1こ・高2こ)
・ほうれんそうのごまあえ
・おでん

 

ハタハタは日本海で冬に取れる魚で秋田県の県の魚になっています。秋田県で雷が鳴る11月頃にとれることから「カミナリウオ」とも呼ばれることもあります。漢字では魚へんに雷と書きます。「ハタハタ」という言葉も今の雷の音をあらわす「ゴロゴロ」の昔の言葉です。うろこがなく小骨の少ない魚なので丸ごと料理にすることが多い魚です。いそべ揚げにする他にも干物にしたり、塩漬けして発酵させ、「しょっつる」という秋田県の特産のしょうゆの原料になります。

更新日:2015年12月22日 10:39:01