1月14日(木)の給食

・牛乳
・ごはん
・すきやきふうに
・ささかまぼこ
・ほうれんそうのいそかあえ

 

一般的にすき焼きは、牛肉、ねぎ、春菊、焼き豆腐、しらたきなどを砂糖としょうゆで濃いめに味付けし、溶き卵にからめて食べる日本の料理です。すき焼きの名前の由来は何でしょう?日本では1800年代後半まで牛肉を食べる習慣はありませんでした。しかし日本には、農具の鋤を火にかざしてカモ肉や鶏肉などを焼いた「鋤焼き」がありました。これが今のすき焼きのルーツになりました。給食では生卵も牛肉も出すことはできないので、豚肉で溶き卵無しになっています。白いご飯にとても合う料理です。

更新日:2016年01月19日 10:24:01