1月25日(月)の給食

給食始まりの献立

・牛乳
・ごはん(おにぎりにする)
・さけのしおやき
・たくあん(2まい)
・こまつなのみそしる

 

今日のごはんは「こうのとり伝説米」を使っています。ラップを使って自分でおにぎりを握って食べましょう。1月24日から30日は全国学校給食週間です。日本では1889年(明治22年)に山形県の小学校で貧しくてお弁当を持ってこられない子どもたちのために給食が始められました。当時は、「おにぎり、鮭の塩焼き、たくあん」でした。昔は米が貴重なものだったのでおにぎりも麦やヒエ、アワといったものが混ぜられたものでした。そして、現在のように交通やお店が発達していないので、地元でとれたものや保存のきくものが給食になりました。食べものが十分にある現在でも給食が無くならないのはなぜでしょう?今日の給食は明治時代の献立に似せてあります。当時は牛乳はありませんでしたが、現代の私たちには欠かせない栄養がたっぷり入っているので、今日も牛乳をつけてあります。ビタミンたっぷりの小松菜の入ったみそ汁もつけました。
食事があたりまえのようにできることにもう一度感謝をしましょう。
 

更新日:2016年02月01日 15:28:56