5月12日(木)の給食

五目うどん

牛乳

いんげんのごま炒め

抹茶蒸しパン

 今年の5月1日は八十八夜といいます。昔の暦ので新年になってから八十八日目のことを言います。この八十八夜に摘んだお茶は上等なものとされ、またこの日にお茶を飲むと長生きすると言われています。「抹茶」は、お茶の葉を蒸して乾かしたものを、石臼などでひいて粉にしたものです。この粉にお湯を入れた飲み物も「抹茶」といいます。最近は抹茶を飲む人が減ってしまいましたが、食べ物に混ぜて、色や香り、味を楽しむ人が多くなりました。みなさんも緑色をしたアイスやケーキ、チョコを食べたことがある人も多いと思います。埼玉の茶は「狭山茶」という名前で全国に知られています。今日の蒸しパンにも埼玉県産の抹茶を生地に練り込んで作りました。小豆をちらして和風に仕上げてあります。

更新日:2016年05月20日 14:01:38