6月9日(木)の給食

地粉うどん

わかめうどん

牛乳

大豆のシャリシャリ揚げ

夏みかん(田間宮小産)

 わかめは日本中の海岸に分布しているので日本人になじみ深い食品です。特に三陸、鳴門、出雲のわかめが有名です。皆さんはわかめの姿を見たことがありますか?わかめは全体の大きさが4mととても大きな海草で、めかぶ、茎、若芽と3種類の食べる部分があります。めかぶは「ねばねば」、茎は「コリコリ」、若芽は「やわらかい」のが特徴で、いろいろな料理に使われます。

 わかめには精神を安定させ、心身を元気にする「ヨウ素」という栄養を含んでいて、体内の代謝を活発にするといわれています。その他に骨を丈夫にするカルシウムや血液をきれいにしてくれる栄養も含まれています。わかめをたくさん食べている地域には長生きの人が多いそうです。みなさんもたくさん食べて長寿日本一を目指してください。

 今日のデザートは田間宮小の校庭でみなさんと一緒に育った夏みかんです。ちょっとすっぱいけれどビタミンCたっぷりで疲れが取れます。

更新日:2016年06月15日 09:38:22