9月13日(火)の給食

ごはん

牛乳

あじのスタミナ焼き

里芋のそぼろ煮

団子汁

お月見デザート

 今日は「お月見」についてお話します。十五夜とは昔の暦の8月15日のことをいいます。昔の暦は月の満ち欠けで日付を決めていました。昔の暦では秋は7月から9月のことをいい、真ん中の8月15日の名月を「中秋の名月」と呼びました。今年は明後日15日が「中秋の名月」です。ススキや団子を飾り、月を眺めながら、豊作を願ったり、収穫を祝ったりしていました。新芋の茹でた里芋を飾ることから「芋名月」とも呼ばれます。そこで、今日の給食は里芋の煮物に団子の入った汁、そしてかわいいウサギもデザートが給食に登場しました。中秋の名月には丸い食べ物を食べる習慣があります。明後日はみなさんの家でも月を眺めながら、丸いものを食べましょう。

 

更新日:2016年09月14日 10:57:44