9月16日(金)の給食

ごはん

牛乳

酢豚

ナムル

 今日は「酢豚」についてお話します。酢豚は中華料理の一つで、日本の人々に広く愛好されています。作りかたは、豚肉を2センチ程度の角切りにし、酒やしょうゆにつけて片栗粉をまぶして、油で揚げておきます。たけのこ、しいたけ、ニンジン、ピーマンなどの野菜をいためたあと、揚げた豚肉を加えて、醬油や砂糖、酢などで調味し、最後に片栗粉の水溶きでとろみをつけて出来上がりです。甘酢味のあんが肉や野菜に絡むので、冷めにくく、味も感じやすく、触感もよく日本人の好みにあう献立です。日本で広まっている酢豚には2種類あることを知っていますか?中国の広東料理の「クーラオロウ」がもとになっている酢豚は野菜やパインなどを使い、甘酢あんにケチャップが入っていて、中国の上海料理の「タンツーロウ」がもとになっている酢豚は野菜はほとんど入らず肉がメインで甘酢あんにケチャップは使わないものです。今日の給食はどちらがもとになっているかわかりましたか?

 

更新日:2016年10月21日 09:35:56