6月の給食

← 給食室から に戻る

6月3日

牛乳
かてめし(埼玉県の郷土料理)
いわしのサクサクあげ(低2こ・高3こ)
なめこのみそしる



かて飯は秩父地方の郷土料理になっていて、昔、秩父ではお客様が訪れると貴重なお米を使い「おもてなし」の食事としてつくられていました。
もともとは、お米が高価で十分に食べられなかった頃にお米を節約するために、粟や麦や稗などの雑穀や、野草、芋、大根といった「糧」とよばれるたくさんの具をかさを増す材料として、少量の米に混ぜて炊き込んだものでした。
6月4日

牛乳
ソフトフランスパン
いかメンチ
ごぼうサラダ
にんじんのポタージュスープ

6月4日から10日は歯と口の健康週間です。 そこで今月はたくさんかむ献立が出てきます。
かむことは、食べ物を体の中に取り入れやすくするだけではありません。
よくかむことで、口の周りの筋肉を使うので、表情が豊かになり、口をしっかり開けて話すのできれいな発音ができるようになります。
また、よくかむと、脳の働きを活発にするので、勉強ができるようになります。
この他にも歯の病気にかかりにくくなったり、ガンの予防にもなることも分かってきました。
一口30回を目安にかむといいそうです。ちょっと大変ですが、今日からかむことを意識してください。
6月5日

牛乳
ごはん
いわしのうめに
もやしのおひたし
りきゅうじる



いわしは背中の色が青く光る「青魚」でDHAやEPAなどの血液をさらさらにしてくれる成分が多い魚です。
6月から10月がおいしい時期で、塩焼きやフライ、酢の物、煮付けなどいろいろな食べ方をします。
漢字で書くと「魚へん」に「弱い」と書くように水揚げされると新鮮さが失われるのが早い魚です。
今日は梅干しと煮てさっぱりとした味になっています。梅は6月~7月にかけて収穫されます。
この時季に降る雨を「梅の雨」と書いて「ばいう、つゆ」と読むのも、梅の収穫時期と重なるからともいわれています。
生の青梅を食べると毒ですが、梅は梅干しにすると、疲れをとる働きや菌を殺す働きがあります。
食欲も増します。梅もしっかり食べて、疲れしらずの体にしましょう。
6月8日

牛乳
しょくパン
あんずジャム
コロッケ
ゆでキャベツ
ベジタブルスープ


あんずは、英語ではアプリコットといいます。
春に花が咲き、6~7月に橙色の実が熟します。
そのまま生で食べるほか、干しあんずにしたり、ジャムやシロップ漬けにします。
今日はあんずがジャムになって登場です。あんずには便秘解消の働きもあります。
干しあんずには疲れをとる働きがあります。
激しい運動した後は2、3個食べるだけで元気になるそうです。
6月9日

牛乳
ごはん
いんげんとぶたにくのいためもの
トマトとレタスのスープ
ブルーベリーのクレープ


いんげんは、中国から隠元というお坊さんが日本に伝えたことからこの名前がついたといわれています。
私たちが「いんげん」と呼んでいる野菜の正式名は「隠元豆」の緑色の若いさやの「さやいんげん」のことです。
さやいんげんにはビタミンB1、B2、B6などがバランスよく含まれています。
ビタミンB群は単体でとるよりもいくつか組み合わさっているほうが働きが高まります。
数種類のビタミンBがとれるのがさやいんげんの良いところ。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、疲労回復に効果があります。
また、ダイエット効果もあるそうです。
6月10日

牛乳
くろまめごはん
こまつなメンチカツ
ゆでキャベツ
あつあげときのこのすましじる


今日の黒豆ご飯には黒豆だけでなく、ヒエやアワなど雑穀もいっしょに炊き込んであります。
また小松菜メンチの小松菜は埼玉県産を使用しています。
6月11日

牛乳
5年リクエスト献立
しょうゆラーメン
みそポテト(埼玉県の郷土料理)
ミニトマト(2こ)


今日は5年生のリクエスト給食です。
主食部門1位の醤油ラーメンにおかず部門2位の味噌ポテト、ミニトマトを組み合わせました。
他にはチャーハン、白いご飯、ゼリーフライ、チキンの辛味揚げ、肉じゃが、コーンポテト、コーンスープが人気がありました。
みそポテトは秩父地方の郷土料理です。秩父地方の農家で、農作業の合間の軽食の「小昼飯(こぢゅうはん)」として戦前から食べられていたものです。
ゆでたり、蒸したりした一口大のじゃがいもに衣をつけホクホクに揚げて、甘辛いみそだれをつけて食べます。
じゃがいもを使って簡単にできるみそポテトは今でも秩父のおやつやおつまみとして定番です。
6月12日

牛乳
はちみつパン
ほきのピザやき
ビーンズソテー
コーンスープ


豆にはいろいろな種類があります。
大豆や小豆、金時豆、ひよこ豆、レンズ豆、白花豆、そら豆、おたふく豆、エンドウ豆など、給食でよく登場するものから、あまり聞きなれないものなどいろいろあります。
豆は昔から世界中で食べられてきました。
煮物やスープ、サラダや炒め物など、いろいろな食べ方があります。
今日の給食は、赤いんげん豆と枝豆、キャベツを炒めたビーンズソテーです。
6月15日

牛乳
ごはん
さけのしおやき
ごもくきんぴら
とうふのみそしる
れいとうみかん


「ごぼう」はキク科の植物で、ヒマラヤや中国など中央アジアが原産。
日本へは今から1000年以上前に中国から漢方薬として伝わりました。
これを品種改良して日本では野菜として食べるようになりました。
今でもごぼうを野菜として食べるのは日本や韓国だけのようで、欧米人は「日本人は木の根を食べている」と驚くとか…。
ごぼうには食物繊維が多いので、お腹の掃除をしてくれて便秘解消にはもってこいの野菜です。
よく噛んで食べなくてはいけないのであごや歯を丈夫にし、また、脳の働きを活発にしてくれます。
6月16日

牛乳
さきたまロール
ゼリーフライ(埼玉県の郷土料理)
ワンタンスープ




ゼリーフライは、行田市の郷土料理で、最近はB級グルメでも取り上げられています。
ある料理屋の主人が、日露戦争で中国に行った際に食べた野菜まんじゅうをアレンジして作ったのが始まりのようです。
おからとじゃがいもをコロッケのようにまとめて揚げてあります。
形が昔のお金の小判に似ているので「銭富来(ぜにふらい)」と呼ばれていたものがなまり、「ゼリーフライ」になったそうです。
6月17日

牛乳
チャーハン
まるごとあじフライ
ごもくスープ


アジはマアジ、ムロアジ、シマアジ、メアジなど50種類以上にもおよびます。
春から夏に北へ、秋から冬は南へ回遊します。4~7月ころになると浅瀬にきて産卵します。
春から秋にかけておいしい魚です。
からだにのこぎりの歯のような鋭いうろこ「ぜいご(ぜんご)」をもちます。
アジは海の魚の中で最も多くカルシウムを含んでいる魚のひとつです。
また、アジには脳の働きをよくするといわれているDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)も多く含まれています。魚好きは頭が良くなるかも。
今日はあじを頭から尻尾まで丸ごと揚げています。
よーくよーくかんで骨や歯、頭に栄養を与えてください。
6月18日

牛乳
ごはん
フェイジョアーダ
キャベツとコーンのサラダ


フェイジョアーダは、ブラジルの代表的な料理です。
豚肉と一緒にいろいろな豆や野菜を煮込んで作ります。
みなさんは、ブラジルがどんな国か知っていますか?
日本の反対側にある遠い国で、サッカーでも有名ですね。
フェイジョアーダは、初めて食べる人がほとんどだと思います。
豆には質の良いたんぱく質がたくさん含まれていて、みなさんの皮膚や筋肉をつくってくれます。
6月19日

牛乳
バターロール
ボンゴレスパゲッティ



ボンゴレとはあさりやはまぐりなどを使ったイタリアのナポリの料理です。
イタリア語であさりなどの二枚貝のことをボンゴラといいます。
日本ではあさりを使ったスパゲティのことを一般的にボンゴレスパゲティといいます。
7イタリアではあさりを使う同じスパゲティでも使うソースによって名前が変わります。
トマトソースを使った赤いボンゴレは「ボンゴレ・ロッソ」、バジルを使った緑のものは「ボンゴレ・ベルデ」、いかすみを使った黒いものは「ボンゴレ・ネロ」そして今日の給食のように色のついていないものは「ボンゴレ・ビアンコ」といいます。
イタリア語で「スパゲティ・アッレ・ボンゴレ・ビアンコ」。
ぜひ、イタリア料理の店でかっこよく注文してみましょう。
6月22日

牛乳
キャロットピラフ
ホワイトソース(ピラフにかける)
いかのマリネ(2こ)


いかは、一年中食べられますが、旬の時期は6月から10月といわれています。
日本人は、昔からいかをたくさん食べていました。
理由は、世界の海の中でも、日本の近くの海が、いかが一番多くとれる場所だといわれているからです。
いかは、光に集まる習性があるので、漁師さんたちは夜、船にあかりをともして、いかをつります。
いかは低脂肪、低カロリー、高たんぱく質で、肥満、高脂血症、糖尿病などの心配のある人にはおすすめのヘルシー食品で、ダイエット中のたんぱく源に最適です。
くせのない食材なので、刺身、照り焼き、てんぷら、煮付け、塩辛などどんな料理にもなります。
6月23日

牛乳
カレー
フルーツポンチ


給食のカレーは小麦粉とバターとカレー粉をじっくり時間をかけて炒めてカレールウを作ります。
日本のカレーは野菜を煮込んで、ルウでとろみをつけますが、インドではさらっとしたスープ状のものが多く、日本のカレー食べたカレー発祥の地のインド人が「このおいしい料理は何?」と聞いたほどです。
給食は豚肉、えびやいか、なすやかぼちゃ、豆を使ったいろいろなカレーが登場するので楽しみにしていてください。
6月24日

牛乳
ココアあげパン
ホワイトシチュー


ココア揚げパンはリクエストでも必ず上位に入る人気メニューです。
今日は、揚げパンの作り方についてお話をします。
揚げパンは油で揚げるのですが、天ぷらを作るときより油の温度を高くして揚げています。
揚げる時間も天ぷらのようにじっくりと揚げるのではなく、短時間にサッと揚げます。
そして熱いうちに砂糖をコッペパンにまぶします。
揚げパンは砂糖だけでなく、きな粉味やアーモンド味、黒砂糖味などがあります。
今日はココア味です。誰が一番ココアをこぼさずに上手に食べられるかな。
6月25日

牛乳
だいずのシャリシャリあげ
こだますいか(1/16)




うどんは1300年ほど前に中国から伝わったお菓子がもとになった食べものです。
次第に、お菓子ではなく食事の時に食べられるものとして変わってきました。
江戸時代には人気のある食べものになり、屋台のような移動式のうどん屋さんがたくさんいたそうです。
埼玉県では昔から小麦が栽培され、うどんもよく食べられていました。
埼玉県には、ごまやみそを使った「冷や汁」で冷たい麺を食べる地域もあります。
川島町ではこの冷や汁うどんを「すったて」とよび、加須地方では「ごま汁うどん」とよんでいて、埼玉県の郷土料理のひとつになっています。
給食では冷たい汁を出せないので、温かくしたごまがたっぷり入った汁でうどんを食べてください。
6月26日

牛乳
ごはん
プルコギトッパプ
トックスープ
田間宮小なつみかん


プルコギトッパプは韓国でよく食べられている料理です。
プルコギの「プル」とは「焼く」、「コギ」とは「肉」、「トッパプ」とは「ご飯にのせる」という意味で、「焼肉どんぶり」の事をいいます。
プルコギは牛肉を薄切りにしたものをタレにつけて味付けした後、鍋の上で焼いたものです。
「コチュジャン」という韓国の調味料(とうがらしみそ)を使って味付けしています。
とうがらしの辛味の成分である「カプサイシン」には悪い菌をやっつけたり、体を温めたり、興奮させる働きがあります。
そのため食中毒を防いだり、暑いときに辛いものを食べるとバテないといわれるのです。
今日は豚肉を使ってプルコギトッパプを作りました。
今日の夏みかんは田間宮小産です。
ちょっとすっぱいですが、みなさんと一緒に田間宮小で育った夏みかんを味わって食べましょう。
6月29日

牛乳
コッペパン
とりにくのマスタードに
こふきいも
オニオンスープ


今日は、鶏肉のマスタード煮についてお話をします。
粒マスタードは「洋辛子」のことで、納豆やとんかつにつける「和辛子」とは似ているようでちょっと違うものです。
マスタードは辛子の仲間ですが、マスタードの種子が入ったもので、辛子ほどの辛みはありません。
「からし」の歴史は古く、紀元前からレバノン近辺で栽培され、エジプトや中国に伝わったと考えられます。
しかし一般には香辛料としてではなくもっぱら湿布薬などの薬用として使われていました。
香辛料として普及したのは17世紀のフランスからです。
マスタードには食べたものの消化を助けたり、新陳代謝を活発にしたりする働きもあり、この辛さが腹痛などを起こす悪い菌をやっつけてくれます。
暑さに向かい食欲が出ないこの時期にぴったりの食材です。
6月2日

牛乳
ごはん  
ヤンニョムチキン(2こ)
ナムル
はるさめスープ

ヤンニョムというのは、韓国語で、「合わせ調味料」のことです。今日のヤンニョムは、韓国の「コチュジャン」という調味料と、トマトケチャップとごま油をあわせてたれを作りました。ヤンニョムチキンは、下味をつけた鶏肉を揚げて、ヤンニョムのたれをからめて作りました。
6月は給食の行事である3つの記念月間になっています。「食育月間」、「彩の国ふるさと学校給食月間」、「牛乳月間」です。
「食育」という言葉の意味を知っていますか?まず、「食」という漢字は「人」と「良」を足したものに似ていますね。つまり「食育」とは「食べることを通じて良い人を育てる」ということです。みなさん、給食も家でのごはんも、特に朝ごはんをしっかり食べて良い人になってください。好き嫌いをしたり、食べものを粗末にしたり、食事のマナーを守れない人は良い人ではありません。

← 給食室から に戻る

更新日:2015年12月09日 17:13:07